最期のおしゃれ

洋装の死装束(エンディングドレス)とは

エンディングドレスとは、亡くなった女性の方が納棺される際に着用される最期のご衣裳(洋装)のことです。

 

宗教に寄ってお見送りの形は様々ですが、近年では個人の価値観も多様化し、亡くなった方の愛用した服などを着るなど、必ずしも伝統的な白装束にこだわらないケースが増えています。

最近では、雑誌やテレビなどのメディアで「終活」という言葉がたびたび取り上げられ、自分らしい最期のあり方を考える機会が増えてきたことから、洋装の死装束(エンディングドレス)が注目を集めるようになりました。

なぜ、

エンディングドレスが注目を集めているの?

エンディングドレスの大きな特長は、まず亡くなった方のお顔映りがよく見えるよう素材や装飾に工夫がされていること、そして亡くなった方への着せやすさに配慮されたデザインになってることです。

やわらかなレースや豪華なデザインは自分らしさを表現するだけでなく、病気を患らい痩せ細ってしまったお身体や事故に遭い傷ついてしまったお身体が寂しく見えないように隠し、ご親族や葬儀に参列する方の精神面へ配慮する役割もあります。

また、死後はお身体が硬直してしまうため普通の洋服では非常に着せにくいのですが、開口部を大きくとり着せやすい構造に設計されているので、お身体を傷つけてしまう心配もありません。

ご家族やご友人にお見せする最後の姿として、また新たな旅出のご衣裳として、華やかさと機能性を兼ね備えたエンディングドレスは自分らしい姿で最期を迎えたい方や仏教徒以外の方などから注目を集めているのです。

​旅立ちや葬いへの想い

白い仏衣(死装束)に包まれた故人のお姿を、あまりにも寂しすぎると感じたことはないでしょうか?


私たちは天国を決して寂しい場所ではないと考えています。

なぜなら、先に逝ったご家族やご先祖さま、友人・知人が待っているからです。

最後のはなむけとして、少しでも華やかな姿で旅立ちたい、または送り出したいというご要望にお応えし

「天国へのお嫁入り」をコンセプトに、人生の終焉に相応しいエンディングドレスをご用意しました。

サイズはすべてフリーサイズで、9〜13号の方にご対応でき、それ以外の方も責任をもって私たちがお直し致します。後ろ開きのファスナーを膝まで開放できるようにしてあり、納棺の儀式でも安心してご対応いただけるよう設計しました。

優美さと可愛らしさが漂うレースをあしらったデザインは、すべて日本製の丁寧な手仕事によって作られました。

大切なご家族のお別れに、または終焉の装いとして私たちはエンディングドレスをおすすめします。

© 2017 Happy End co.,ltd. All rights reserved by Happy End co.,ltd.

ハッピーエンド株式会社

〒005-0040 札幌市南区藻岩下2-2-25

Tel : 050-3852-4846

Fax : 011-205-0018

Mail : info@happy-end.jp

◇ご要望の方にカタログ無料送付致します。
メール又はお電話にてご請求下さい。
◇フルオーダー・セミオーダー・お着物からのドレス製作も承っております。又出来上がった商品での写真撮影などのサービスも行なっております。
◇店舗にてシニアライフサポート無料カウンセリング承っております。
◇お電話・メールにての商品の注文も承っております。又商品を見たいという方の為に、札幌市内であれば福祉車両にての送迎も行なっております。
ご不明な点はお気軽にお問い合わせ下さい。